「両親の銀婚式にプレゼントを贈りたいけど、なにがいいかわからない」

「結婚25周年のお祝いにふさわしい贈り物ってどんなもの?」

「そもそも銀婚式ってどんな意味があるの?」

今回はそんな疑問をお持ちの方に向けて、銀婚式の意味や銀婚式を迎える両親に贈るギフトとしておすすめのギフトをご紹介します。

いぶし銀のように美しい!結婚25周年を迎えた夫婦をたたえる銀婚式

両親の銀婚式-イメージ

イギリスから伝わった結婚記念日の名称は結婚1周年の紙婚式からスタートし15年目までは1年単位で、それ以降は5年単位で名付けられています。

年月を経るにつれて廉価で身近なものから高価で貴重なものの名前に変わっていくのが特徴です。

たとえば7周年は銅婚式、10周年はアルミ婚式、15周年は水晶婚式などです。

銀婚式以降でも30周年の真珠婚式や40周年のルビー婚式、50周年の金婚式や60周年のダイヤモンド婚式と、やはりより高価で硬い貴重品へと変わっていっています。

銀婚式の意味は、いぶし銀のような美しさを持った夫婦のことだともいわれます。

いぶし銀はピカピカとまぶしく輝くわけではないけれど渋みがあって深い銀色のことです。

25年の年月を経て子育てなどの家庭生活の苦労も乗り越え、ひと区切りつくころの夫婦を上手に表現するものといえるでしょう。

品物を贈るなら銀婚式の意味にそったものがベター

銀婚式を迎えた両親へのプレゼントに選ぶ品物の定番は、やはりその名にちなんだ銀製品です。

伝統的にはスプーンや銀食器などが贈られることが多く銀婚式の日付や両親の名前を刻印するのも喜ばれます。

また銀でコーディングされたものから純銀製のものまで予算に合わせて選べるのもメリットです。

ペアのアクセサリーを贈るという方法もあります。

ただシルバーアクセサリーは銀婚式を迎えた両親が身につけるには若すぎるイメージもあります。

シルバーにこだわらず年齢相応のデザインと素材のものを選ぶ方が良いでしょう。

他にもブランドの洋食器や和食器なども良く選ばれておりプレゼント選びにきまりがあるわけではありません。

ただ夫婦として過ごした25周年の記念や感謝を示す贈り物なのでプレゼントも両親が一緒に使えるものを選ぶ方が2人の絆をより深めてもらうきっかけにもなるでしょう。

アクティビティなら決して失われない感動を贈ることができる

品物を贈る以外のプレゼントというものも人気になっています。

品物はときに色あせたり壊れたりすることもあります。

しかし楽しい思い出や心を震わせる感動は決して失われないという点が注目されているポイントです。

高級なレストランにおめかしして出かけてもらい夫婦2人きりでデートをしてもらうのも良いでしょう。

また孫などの家族に囲まれて和気あいあいと食事を楽しむ方が喜んでもらえる場合もあります。

旅行をプレゼントするのも良い方法です。

特に銀婚式を迎えた夫婦への贈り物として人気があるのは温泉旅行でしょう。

あちこちを忙しく見学してまわる旅行よりも日常を忘れて夫婦2人でゆったりと過ごしてもらう方が、銀婚式を迎えた両親にふさわしい贈り物ともいえます。

ただ旅行をプレゼントするときに本当に両親の好みにあった旅先や宿なのか不安な場合もあります。

そんなときは旅行先や宿を両親が選ぶことができるギフトを贈るのも良い方法です。

たとえばEXETIMEという温泉・体験型カタログギフトでは贈られた両親たちが自分自身で旅行先を決めることができます。

カタログに掲載されているホテルや温泉旅館は全国各地にあり、ユーザーの声をもとに利用者の満足度が高い施設が厳選されています。

温泉からの絶景やその地ならではの美味しいグルメの写真もたくさん掲載されているので、ご両親が二人で選ぶ時間もきっと楽しんでもらえると思います。

カタログは予算に合わせて種類がありますので、詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

>>>EXETIMEの公式サイトはこちら

一番大切なのは率直な感謝の気持ちを表現すること

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

誕生日や父の日、母の日など両親に感謝の気持ちを伝える機会は年に何度かありますが、銀婚式となれば感謝の気持ちをいつも以上の特別な形で表現したいと思いますよね。

ですが、プレゼントをするときに一番大切なのは贈る人の気持ちです。

銀婚式を迎えた両親に「家庭を築き守ってきてくれたこと」や「愛情を注ぎつづけてくれたこと」への感謝を率直に伝えることができれば、きっと喜んでもらえます。

選んだプレゼントが「形に残る物」であっても「思い出に残る旅行」であっても、両親へプレゼントする際には気持ちを文字に託したメッセージカードをそえるのがおすすめです。